中古車選びを失敗しないために
CarPOINT 中古車
メニュー
中古車のサビ
走行距離
ドレスアップカー
チューニングカー
諸費用

中古車のさび

中古車を購入する時に、気を付けたいのが、錆びです。錆びてしまう原因と言うのが塩のせいです。

塩害を受けているのは避ける

塩と言うんは、錆びを発生させてしまいます。ですので、中古車を購入する時には、錆びをしている車はなるべくというは、絶対に避けたい所です。

今の車と言うのは、錆びに強くなっています。ですが、いくら強いからと言っても、錆びないと言う訳ではありません。
やはり、どこからか錆びが発生してきてしまいます。始めは小さくて気付かないかも知れませんが、だんだんと錆びが広がってきて、気付いた時には、結構錆びの範囲が広がってしまっています。

中古車購入お任せ

ですので、塩の影響を受けている中古車は、購入してからどのくらいの期間のるのかを考えないで、出来るだけ避けるようにしましょう。
もしかしたら、購入をした中古車を売るかも知れません。その時に、下取りの価格が錆びによってかなりマイナスになってしまう可能性もあります。
車を買い取る業者と言うのは、貴方の車を適正に廃棄処分しますので、気を付けましょう。

さらには、錆びによって、思わぬ事故を起こしてしまう可能性もあります。

塩害を受けている中古車

では、どのような車が塩害を受けているのでしょうか。

    「海の近くで使われていた車」
    「雪の良く降る所で使われていた車」

まぁ、このことは知っている人も多いのではないかと思います。

まず、海の近くでよく使われていた車ですが、これは考えて見ればすぐにわかることですよね。
海の近くと言う事は、海から、塩が混じった空気が陸の方にやってきます。すると、車にその風が当たりますよね。
その時に、海の塩が車に付いてしまうのです。
たま〜にしか海の近くに行かない場合なら、そんなに問題はないのですが、車を停めている駐車場が海の近くだったり、毎日通っている道路が海沿いだったりすると、かなり塩の影響を受けていると思います。
自動車の保険料でお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

雪の降る場所で使っている車は、海から遠くても関係ありません。
雪を溶かす、融雪剤の中には、塩が含まれていますので、その塩のせいで、車にダメージを与えるのです。
自分の住んでいる場所は雪が降らないけど、たまに、スキーなどをしに行くと言う場合には、そんなに問題はないと思います。
ですが、冬になると必ず雪が降る場所だと、確実に融雪剤の被害に遭っています。

また、たまにスキー等に出かける人でも、スキーなどから帰ってきたら、洗車をするようにしたほうがいいでしょう。
車に、塩がついたままだと、その塩が原因で錆びが発生してきてしまいます。

塩害を受けている中古車を見極める

どのようにして、塩害を受けている中古車を避けたらいいのでしょうか?

簡単な話が、サビをしている車は避けましょうと言う事です。
しかし、あからさまに錆びをしている中古車をそのまま販売しているような所はありません。
ですが、良く見ると、小さな錆びを見つける事が出来る場合があります。ですので、まずは車を良く見る事です。
車の下や、ボンネットの中など、普段あまりみないような所を見てみるのです。

後は、以前はどこでこの車が使われていたかを聞いてみるといいかと思います。
雪が多い地域で使われていたのか、海の近くで使われていたのかを知る事ができれば、それだけでも、今後錆びが発生してしまう可能性を知る事ができます。


Valuable information

電話占い

スカイグループの紹介ブログ

出産祝い

Last update:2017/9/8

▲TOP

Copyright (c) 中古車選び All rights reserved